bn_top5

【レポート】祇園祭還幸祭、神輿渡御を神泉苑と八坂御供社にて

祇園祭関連の最終レポートです。
祇園祭といえば、宵山の賑わいや山鉾巡行をイメージされる方がほとんどでしょうね。

その山鉾巡行が厄払いをし、清めてくれた後に八坂神社、宮本組の行列や神輿渡御があるのです。
前祭の後には神幸祭、八坂神社を出た神輿は氏子地区を周り、御旅所に到着。

その一週間後に、後祭の後、還幸祭として、御旅所から神輿渡御が行われ、八坂神社に神輿が帰ります。
今日は還幸祭のレポートです。

神輿は三基あり、それぞれ三若神輿会(さんわかしんよかい)の中御座、四若神輿会(しわかしんよかい)の東御座、錦神輿会(にしきしんよかい)の西御座です。

祇園祭発祥の地、神泉苑に来るのは中御座です。
神泉苑は現在、真言宗のお寺です。
神仏習合を思わせる儀式の準備が整っています。

kankosai-sinsennenn

神輿が到着しました。

kankousaimikosi1

神泉苑のご住職と八坂神社の神官さんが席を同じくされます。

kankousaisinnkann

この時は神輿を担いでいる人も腰を下ろします。

kannkousaimikoshi2

儀式の後、神輿の差し上げ、そして、八坂御供社(又旅社)に向かいます。

kankousaimikoshi3

儀式後の神泉苑は静かです。

shinsenen

三条会商店街にある八坂御供社で神輿を待ちます。

yasakaotomosya

神輿がやってきました。

kankousaimikoshi5

sajyokaisyotenngai

kankousaimikoshi6

こちらでのお祓いも終わり、ふたたび、神輿が担がれ、八坂神社に向かいます。
こんなに可愛い子供たちも。

kankousaikodomo

中御座につづき、東御座、西御座の神輿がやってきました。
三条堀川を東に向かう神輿です。

shiwakamikoshi

八坂神社に三基が到着するのは日が変わる少し前。
お疲れさまでした。

来年の祇園祭でみなさまとご一緒できること、楽しみにしております。
下戸眞由美(おりとまゆみ)

 

日常から離れ、リフレッシュしたいあなたへ

京都生まれ、京都育ちの案内人が
旅をコーディネート&ナビゲートいたします

女性のひとり旅、少人数で心のままに共感する旅
セラピーのような旅や、あなただけのオーダーメイドの旅
サークルやお稽古仲間との愉しい「京都時間」

あなたが求める京都に出逢える、そんな京都の旅を叶えてみませんか
様々な旅プランをご用意してお待ちしております

 

京都癒しの旅 オーダーメイド

京都癒しの旅 季節限定

→お客様の声はこちら

 

京都案内人からメールマガジンをお届けします。どうぞご登録ください。

京都癒しの旅 メルマガ

 

関連記事

いいね!で京都最新情報をお届けします

京都癒しの旅・案内人

ようこそ。京都癒しの旅、案内人の
下戸 眞由美(おりと まゆみ)です。
orito-mayumi1
旅への想いはこちらから
ご覧いただけます。
京都の友人に会いに行くような気持ちで
お越しください。
京都案内人からメールマガジンをお届けします。
どうぞご登録ください。

京都癒しの旅 メルマガ

公式twitter ”旅の裏話”を公開中!

ページ上部へ戻る