bn_top5

【旅レポート】坂井画伯案内の菊水鉾特別プラン

坂井画伯案内の菊水鉾特別プランの旅。
なんと38.7度という灼熱の中、美味しいものを食べながら坂井画伯のレクチャーを受け、涼しいところで休憩たっぷりの一日でした。
 

菊水鉾

こちらが菊水鉾。
唐破風型の屋根に御簾(みす)が掛かっている鉾は菊水鉾だけです。
 
 
 

ランチは、ふかひれ美人膳

 
ランチは、鉾町のレストラン。
霰天神山のとなり。
店内には、檜扇(ヒオウギ)が生けてありました。
檜扇は、祇園祭の花です。
 
まずは膳所漢 ぽっちりさんでふかひれ美人膳を。
 
 
 
 
坂井画伯のここには書けないような京都の話が次々と。
お客様、うなづきながら大笑いです。
 
 

菊水鉾の特別なこと

 
もう一つ菊水鉾の特別なこと、お茶席があるのです。
祇園祭の菊水鉾の和菓子 したたりと抹茶をいただきました。
 
 
 
坂井画伯は、菊水鉾の扇子の絵を描かれています。
扇子をお買い求めいただけると、目の前で坂井画伯から扇子にサインしていただけます。
 
坂井画伯が描かれた扇子。
家宝にします。
 

 
みんなで鉾にも登りました。
 
 
 
ここでまた、ブレイクタイム。
アイスコーヒーを飲みながら、坂井画伯の不思議なご縁の話を聞かせていただき、一同うなづきなから、幸せを噛み締めます。
 
坂井先生とはこちらでお別れ。ありがとうございました。
 

菊水鉾のお囃子

 
身体もひんやり、落ち着いたところで、再度鉾町へ。
お囃子を聴きに菊水鉾に戻ります。
菊水鉾のお囃子をお楽しみください♪
https://www.facebook.com/mayumi.orito.7/videos/1908651259181172/
 

山伏山

 
次は、山伏山にて、茅の輪くぐりをしました。
山伏山は毎年、宵山の期間中茅の輪くぐりをされています。
 
 
お宝も拝見しました。
 
 

放下鉾

 
こちらは新町通の放下鉾。
電柱の上の部分に黄色いネットが掛かっています。
これは山鉾巡行の時に鉾に当たらないようにするためです。細い新町通を巡行するのは至難の業です。
 
 
四条通へ戻り、またブレイクタイム。
とにかく休まないと危険ですので、ゆっくり座って水分補給をしながら、祇園祭や京都の話を。
 
 

祇園祭前祭(さきまつり)山一番を引き当てた蟷螂山(とうろうやま)

 
最後に祇園祭前祭(さきまつり)山一番を引き当てた蟷螂山(とうろうやま)へ。
 
 
屋根の上のカマキリがユーモラスで人気です。
 
 
四条烏丸にて昼の部を終了。
 
 

続いて夜の部へ

 
坂井画伯ご案内の菊水鉾特別プランの後、宵々山をご案内しました。

日が少し低くなった頃、歩行者天国になったばかりの烏丸通をかいくぐって、保昌山へ。

 
 
 

路地(ろーじ)に入って夕食

 
祇園祭は鱧祭と呼ばれます。
お店も鱧を用意してくだいました。
 
京野菜の賀茂茄子の田楽に万願寺唐辛子。
とても美味しいと、京都の夏を感じていただきました。
 
 
 

綾傘鉾の棒振り

 
夕食の後は、鶏鉾の西にある綾傘鉾へ。
綾傘鉾の横の広場で棒振りが始まります。
「平成最後の厄除けの棒振りです」と挨拶があり、ハッとしました。

今年は平成最後の年なんですね。

祇園祭の発祥が疾病の流行や災害があったから。今年はまさにそれを肌で感じているので、ぜひ、この棒振りで祓ってくださいと祈ります。

 
 
 
綾傘鉾の棒振りを動画でお楽しみください。
 
最後は超高速で棒を振られます!

 
 

平成最後の祇園祭

 
ご参加くださりありがとうございました。
 
地元の案内人と歩くあなたの知らない祇園祭、後祭に続きます。
 

 

日常から離れ、リフレッシュしたいあなたへ

京都生まれ、京都育ちの案内人が
旅をコーディネート&ナビゲートいたします

女性のひとり旅、少人数で心のままに共感する旅
セラピーのような旅や、あなただけのオーダーメイドの旅
サークルやお稽古仲間との愉しい「京都時間」

あなたが求める京都に出逢える、そんな京都の旅を叶えてみませんか
様々な旅プランをご用意してお待ちしております

 

京都癒しの旅 オーダーメイド

京都癒しの旅 季節限定

→お客様の声はこちら

 

京都案内人からメールマガジンをお届けします。どうぞご登録ください。

京都癒しの旅 メルマガ

 

関連記事

いいね!で京都最新情報をお届けします

京都癒しの旅・案内人

ようこそ。京都癒しの旅、案内人の
下戸 眞由美(おりと まゆみ)です。
orito-mayumi1
旅への想いはこちらから
ご覧いただけます。
京都の友人に会いに行くような気持ちで
お越しください。
京都案内人からメールマガジンをお届けします。
どうぞご登録ください。

京都癒しの旅 メルマガ

公式twitter ”旅の裏話”を公開中!

ページ上部へ戻る